MITTAN



SH-85C

やわらか大麻ロングシャツ(草木染)


糸番手自体は定番の平織大麻と同じですが、織り密度をややタイトに仕上げています。織り上がった後に、滋賀の加工工場で生地整理加工が行われ、加工によって大麻特有のハリ感を柔らかく調整しています。通常の平織り大麻を長く着用することで得られる柔らかさが、こちらの素材には最初から備わっているのが特徴です。

前立て部分を折り紙のように折り返し、変形の比翼仕立てにしています。釦にはタチ貝を使用し、トップボタン以外は見えないようにし、ミニマルな印象になっています。襟はスタンドカラーのような外観を持ちながら、着物のように直線的なネックに沿うのが形状が特徴です。また、身幅にゆとりを持たせているため、ワンピースのようにも羽織のようにも着用できるシャツとなっています。


 

 表地混率

 

 表地原料

 

 表地紡績

 

 表地製織

 

 整理加工

 

 

 縫製

 

 染色

 

 色展開

 

 サイズ 

 

 価格

 

© 2013-2023 THREAD ROUTES LLC