MITTAN





MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。

平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。


生産背景

生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。

また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には主に天然素材を用い、国内の信頼の置ける提携工場で縫製をしています。

染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物、炭を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。


社会的責任

2013年のブランド設立当初から続けている修繕・染め直し、2021年に開始した買取、及び継続的な定番品の展開は、短サイクル消費・大量廃棄を前提としたアパレル産業の根幹的な問題である構造に対する弊社なりの反抗で、それはブランドを設立した大きな意義となっています。

また、解説サイト等を始めとしたツールを活用し、多方面より服の背景を伝え続けることで、精神的にも物理的にも遠くへ行ってしまった服をより身近な存在に取り戻し、継続的な着用へと繋げていきます。生み出した服が可能な限り永く着用され、より正しくその役割を終えられるよう、努めていきます。

 


 

© 2013-2022 THREAD ROUTES LLC