MITTAN



SC-16CX

シルクラミーストール(草木染)


経糸には極細の生糸を、緯糸には国内紡績の麻番手で500番という極細のラミーを使い、絹織物の産地の群馬県の桐生で織り上げました。ラミーは苧麻とも呼ばれ、通常手紡ぎ・手織りでもこの番手で生地を作るのは難しいのですが、ラミーを紡績後に水溶性の糸と撚糸をし、製織後に水溶性の糸を溶かすことで可能となっています。苧麻・亜麻・大麻の違いはボーケンさんの記事に詳しいので参照ください。

幅が80cmと大判ですが、重さは50g程度しか無く、非常に軽量です。薄手で空気を含む為、真夏も含めオールシーズン使用することができ、通常のストール使いの他に、肩にかけて使うことができます。使用に伴ってシワ感が増しますが、アイロンを掛けて伸ばすことが可能となっています。

こちらのX品番は、精練という経糸の絹のセリシンを除去する段階でシワがついてしまった商品になります。アイロンのプレスでも取ることができません。ただ通常の着用に従ってシワ感はでる商品ですので、気になさる方は多くは無いと考えています。しかし、取ることのできないシワが入った商品を正規品としてはご提案ができかねると判断しまして、今回価格をお下げして商品化しております。

※草木や虫から抽出した染料で染めている為、自然のムラ感があります。色移りを避ける為、淡色との組み合わせは控え、洗濯は退色を避ける為、中性洗剤を使用し陰干ししてください。染め直しの際はご相談ください。(胡桃・コガネバナ×胡桃)

※天然藍で染色をしています。着用を繰り返す事で淡い色へと変化していきます。色移りを避ける為淡色との組み合わせはお控えください。洗濯の際は中性洗剤を使用し、陰干ししてください。染め直しの際はご相談ください。(藍×胡桃・藍×コガネバナ・藍(濃))


 

 表地混率

絹 70%
麻(ラミー) 30%

 表地原料

中国(絹)
中国・四川(麻)

 表地紡績

中国(経糸)
広島・三原(緯糸)

 表地製織

群馬 ・ 桐生

 

 縫製

京都・京都

 染色

京都・京都(自社)

 色展開

胡桃 コガネバナ×胡桃
藍×胡桃 藍×コガネバナ
藍(濃) 藍×コガネバナ(斑染)

 サイズ 

約80✕200

 価格

¥12,100(税込)

© 2013-2021 THREAD ROUTES LLC