MITTAN



OP-06DC

やわらか大麻ワンピース(草木濃染)


定番の大麻生地と近しい生地厚ですが、織り密度をややタイトに仕上げ、織り上がった後に滋賀の整理工場で生地加工を施し、大麻特有のハリ感を予め柔らかく調整しています。通常の平織り大麻を長く着用することで得られる柔らかさが、最初から備わっているのが特徴です。大麻布の歴史については近世麻布研究所所長 吉田真一郎氏の記事に、大麻・苧麻・亜麻の違いはボーケンさんの記事に詳しいので参照ください。

身幅をしっかりと持たせたオーバーサイズのワンピースで、着物のような平面的なパターンを採用しており、襟元のデザインも着物の合わせを参考にしています。脇にはマチが入っており、適度な運動量を確保しています。裾にはサイドスリットがあり、脇にはポケットが備わっています。また、別途腰紐も付属しています。

※天然素材独特の糸の節やムラ感があります。風合いを重視し、繊維長が不均一な原料を使用している為ですので、表情の一部としてお考えください。生地の糸が切れ、穴が開く可能性がある為、糸の節は無理に引っ張らないようご注意ください。

※草木染のムラ感や経年変化をお楽しみ下さい。色移りを防ぐ為に淡色ものとの使用を控え、中性洗剤で洗い陰干しして下さい。汗や光により変退色する可能性がありますので、太陽光や蛍光灯などが長時間当たる所で保管など取扱いにご注意下さい。(胡桃(濃)・蓬(濃)・栃の実(濃))

※天然藍で染色しています。使用を繰返すことで淡い色へと変化していきます。色移りの可能性があるので、初めは淡色のものとの使用は控え、中性洗剤で洗濯し、陰干してください。製品染めの為、1点1点、色の出方やサイズが微妙に異なります。(藍(濃))


 

 表地混率

植物繊維(大麻)100%

 表地原料

中国・黒竜江

 表地紡績

中国・黒竜江

 表地製織

中国・浙江

 整理加工

滋賀・東近江

 

 縫製

京都・京都

 染色

京都・京都

 色展開

胡桃(濃) 蓬(濃) 栃の実(濃) 藍(濃)

 サイズ 

© 2013-2024 THREAD ROUTES LLC