MITTAN



BA-21

駱駝革ショルダーバッグ


駱駝は骨から作られた釦を長く採用していた事もあり、MITTANでは馴染みの深い動物でした。地中海周り、中東から北アフリカ周辺を産地とする駱駝の革は、繊維が密で非常に高い強度を持ちながら、しなやかで軽く、使用による変化も美しいのが特徴で、経年使用に十分に耐え得る事から、最初の革の素材として採用をしています。

デザインは肩紐がアジャスト可能な仕様になっており、両サイドで結んで長さを調節することができます。肩紐はやや短めに設定されているため、身体の前側に持ってきて使用することを想定しています。バッグの口部分にはマグネットが付いており、しっかりと閉じることができるので安心感があります。革製品の縫製糸は継続的な使用を鑑みて、一般的なポリエステル糸を使用しています。また、革の裏面には印字(数字)が入っている場合がありますが、こちらは個体差としてご了承ください。

※この製品は、革本来の風合いを生かしています。キズやシワといった特徴、染料染めによる色ムラなども風合いとして残しており、一点ごとに表情が異なります。

※染料染めの革は完全な色止め加工を行うことができません。汗などの水分や摩擦による退色、色移りする可能性がありますので、ご注意ください。汚れたり濡れた場合は、柔らかい布などでお拭き取りいただき、陰干ししてください。


 

 皮革

駱駝革

 原皮産地

地中海周り、中東から北アフリカ周辺

 原皮背景

主に食肉だが、移動や運搬用の場合もある

 鞣し加工

イタリア

 鞣し加工方法

コンビ鞣し

 

 縫製

東京・江東

染色場所

イタリア

 色展開

濃茶* 黒

 サイズ 

W21.5cm✕H28.5cm
ベルト長さ138cm

© 2013-2024 THREAD ROUTES LLC