MITTAN



T-11

suvin長袖平面T


インド在来種の長繊維綿、SujataとSt.Vincent島産の海島綿との交配によって生み出された”Suvin”コットンは、インド・タミルナードゥ州の限られた農家だけで栽培され、繊維長が非常に長いのが特徴です。原綿を細番手の56番単糸に紡績し、丸編機で両面編みに編む事で、触感の良さと日常的に着られる強度のバランスを取っています。

襟ぐり以外はすべて直線、台形の袖以外は長方形のパターンで構成された非常に平面的なカットソーで、着物のように多くの方の体型に自然に馴染みます。衿端、袖口、裾口は切りっ放しのパーツの切り替えになっていますが、両面編みで編んでいる為に端も解けにくく、丸まりにくいです。また、サイズが変わっても襟ぐりの大きさは変わりません。全て綿糸で縫製しています。


 

 表地混率

未記入

 表地原料

未記入

 表地紡績

未記入

 表地製織

未記入

 整理加工

未記入

 

 縫製

未記入

 染色

未記入

 色展開

未記入

 サイズ 

未記入

 価格

未記入

© 2013-2021 THREAD ROUTES LLC