MITTAN



SH-48H

岡崎木綿シャツ(補強)


埼玉県川口市の正藍型染師、田中昭夫氏から譲り受けたデッドストックの岡崎木綿を使用しています。元々帯用として残されていた生地の機能性に注目し、シャツとして使用しました。旧式のシャトル織機で織られている為、まるで手織りのような風合いで、横糸がゆったりと織られている為、自然のストレッチ性があります。岡崎木綿の背景についてはけろ企画さんのブログを参照ください。

シャツは現代の民族服を構成する洋服としての提案になります。構成は洋服のルールに則りながら、極力デザインを削ぎ落とし、機能性に基づいたパターンメイクとしています。具体的には袖山をいせ込み、袖底を高めに設定することで腕周りの運動量を、背中のヨークにタックやギャザーではなく、いせを入れることで背中の運動量を確保しています。また通常シャツで使う接着芯の代わりにふらしで表地を使い、縫製糸は全て綿糸の30番を使う事で柔らかな仕上がりとなっている為に、素肌でも快適に着用が可能です。前立てには手織りの質感が伝わるように生地の耳を使用し、ボタンには厚めの白蝶貝を用いて全て手縫いで付けています。補強ステッチは長く着用しているうちに実際に綻んだ箇所を、予め細かなミシンステッチで計10箇所補強しています。

※備長炭に炭素を混ぜて染色をしています。デニムのように着用を繰り返す事で淡い色へと変化していきます。色移りを避ける為淡色との組み合わせはお控えください。(炭)

※濃色の製品染め色の退色を防ぐ場合はドライマーク用の洗剤、又は濃色用の洗剤を使用し、日陰で干してください。(濃紺・黒)


 

 表地混率

綿 100%

 表地製織

愛知・岡崎

 整理加工

滋賀・東近江

 

 縫製

兵庫・神戸

 染色

岡山・岡山(炭)
東京・文京(濃紺・濃黒)

 色展開

白 炭 濃紺 黒

 サイズ 

1 2 3 4 5

 価格

¥20,900(税込) 

※白・濃紺・濃黒

※炭

© 2013-2020 THREAD ROUTES LLC