MITTAN



SH-16

ラオスコットン
羽織シャツ


ラオス北部の村で少数民族の方の手によって栽培された綿花を、単式の糸車で手紡ぎした綿糸を全て草木染で糸染めし、約80cm幅位の木製の織機によって手織りで織られた生地を使用しています。詳細はサプライヤーであるshokuさんのサイトをご覧ください。原綿の繊維長も短く、手紡ぎ手織りにすることで生まれる凹凸感は空気をふんだんに含み、草木染めの色と相成って自然に肌に馴染みます。現代において原料から生地までが小さなコミュニティ内で完結している事は、非常に希少になっています。同じ色番でもシーズンによって糸の太さや織り密度、柄のピッチが異なります。

肌に近い所で着ることを前提にした羽織シャツで、長方形の襟と前身頃に差し込まれた三角のパターンは、着物(長着)を参考にしています。袖は裏カフスの仕様になっており、着る人の好みや気候に合わせて長さを調整しながら着用ができます。衿端には手織りの質感が伝わるように生地の耳を使用してます。また、全ての構造線は折り伏せ縫いで職人の手間をかけて縫製されているので、堅牢な仕立てとなっています。

※手織りの布を使用しています。織りくせ、糸の節などは表情の一部とお考えください。機械織りの生地よりも強度が低い為、生地に過度の負担がかからないよう、ご注意ください。

※天然藍で染色をしています。着用を繰り返す事で淡い色へと変化していきます。色移りを避ける為淡色との組み合わせはお控えください。洗濯の際は中性洗剤を使用し、陰干ししてください。


 

 表地混率

綿 100%

 表地原料

ラオス・北部

 表地紡績

ラオス・北部(手紡)

 表地製織

ラオス・北部(手織)

 

 縫製

京都・京都

 染色

ラオス・北部(糸染・草木染)

 色展開

藍×タイコクタン(格子)
藍×アーモンド(格子)
藍×アーモンド
藍×藍(茶綿)
藍×ドングリ
ソメモノイモ×藍×グァバ
藍×タイコクタン
藍×グァバ×イモ* 等

 サイズ 

1 2 3

 価格 

¥40,700(税込)

© 2013-2020 THREAD ROUTES LLC