MITTAN



SC-16

シルクラミーストール


経糸には極細の生糸を、緯糸には国内紡績の麻番手で500番という極細のラミーを使い、絹織物の産地の群馬県の桐生で織り上げました。ラミーは苧麻とも呼ばれ、通常手紡ぎ・手織りでもこの番手で生地を作るのは難しいのですが、ラミーを紡績後に水溶性の糸と撚糸をし、製織後に水溶性の糸を溶かすことで可能となっています。苧麻・亜麻・大麻の違いはボーケンさんの記事に詳しいので参照ください。

幅が80cmと大判ですが、重さは50g程度しか無く、非常に軽量です。薄手で空気を含む為、真夏も含めオールシーズン使用することができ、通常のストール使いの他に、肩にかけて使うことができます。使用に伴ってシワ感が増しますが、アイロンを掛けて伸ばすことが可能となっています。

※濃色の製品染め色の退色を防ぐ場合はドライマーク用の洗剤、又は濃色用の洗剤を使用し、日陰で干してください。


 

 表地混率

絹 70%
麻(ラミー) 30%

 表地原料

中国(絹)
中国・四川(麻)

 表地紡績

中国(経糸)
広島・三原(緯糸)

 表地製織

群馬 ・ 桐生

 

 縫製

京都・京都

 染色

東京・文京(濃紺・黒)

 色展開

白* 濃紺 黒

 サイズ 

約80✕200

 価格

¥14,300(税込)

© 2013-2020 THREAD ROUTES LLC