MITTAN



JK-40DC

綾織大麻ジャケット(草木濃染)


イタリア産の大麻100%の糸を経糸、緯糸に使用しています。地厚な生地でありながらも綾織で織られている為、目がつまっていてしなやかなのが特徴です。大麻は強靭な繊維ですが、経年変化で肌に徐々に馴染んでゆき、麻から綿のような質感の変化が楽しめます。大麻の特性であるひんやりとした触感は洗濯を繰り返しても継続し、真夏でも快適に着用が可能です。大麻布の歴史については近世麻布研究所所長 吉田真一郎氏の記事に、大麻・苧麻・亜麻の違いはボーケンさんの記事に詳しいので参照ください。

現代の農作業着をイメージして構成したジャケットです。襟、袖にはステッチを施す事で、強度とデザイン性を兼ね備えています。袖口に向かってテーパードをきかせる事で、作業する際に袖が邪魔にならないような仕様です。また、背中にいせ込みをいれる事で運動量を確保出来るような機能性も兼ね備えています。片手が塞がっていてもボタンが開けられるよう、前、袖にはスナップボタンがあります。


 

 表地混率

未記入

 表地原料

未記入

 表地紡績

未記入

 表地製織

未記入

 整理加工

未記入

 

 縫製

未記入

 染色

未記入

 色展開

未記入

 サイズ 

未記入

 価格

未記入

© 2013-2021 THREAD ROUTES LLC