MITTAN



JK-29

羽織ジャケット


生地の経糸には帆布に使われる強靭な綿糸を、緯糸には屑繭等の絹の製糸に使用できない部分を再度紡績した絹紡紬糸を用いています。帆布を織る旧式のシャトル織機によって、綾織組織で高密度に織られたオリジナルの素材です。デニムのように表面には経糸の丈夫な綿が、裏面には緯糸の肌触りの良い絹紡紬糸が出ることで、機能的な素材となっています。

身体とのゆとりを十分にとったビッグジャケット。生地を幅いっぱい使用して、折り紙の様に畳んで縫製することでほぼ残布がでていません。袖のカフスと裾の別布、衿以外は1枚の布でできている非常に平面的な構造で、着物のように多くの方の体型に自然に馴染みます。紐付きです。

※備長炭に炭素を混ぜて染色をしています。デニムのように着用を繰り返す事で淡い色へと変化していきます。色移りを避ける為淡色との組み合わせはお控えください。(炭)

※濃色の製品染め色の退色を防ぐ場合はドライマーク用の洗剤、又は濃色用の洗剤を使用し、日陰で干してください。(濃紺・濃黒)


 

 表地混率

綿 60%
絹 40%

 表地原料

アメリカ及びブラジル(綿)
中国(絹)

 表地紡績

インドネシア(綿)
中国(絹)

 表地製織

岡山・倉敷

 整理加工

岡山・倉敷

 

 縫製

兵庫・神戸
岡山・倉敷

 染色

岡山・岡山(炭)
東京・文京(濃紺・濃黒)

 色展開

生成 炭 濃紺 濃黒*

 サイズ 

1 2 3 

 価格

¥30,800(税込)

※生成・濃紺・濃黒

※炭

© 2013-2020 THREAD ROUTES LLC